品川近視クリニックの口コミと強み

品川近視クリニックは口コミも良好

品川近視クリニックでは、フェムトセカンドレーザーに前述のLDVを、エキシマレーザーにアマリスを使用したレーシック手術をアマリスZレーシックと名付けて最高級のものに位置づけています。

他のクリニックがイントラレーシックを主に据えていることに対して、このクリニックが、アマリスZレーシックを主にしているのには理由があるのですが、ここでは触れられません。

さて、ここで使用されているフェムトセカンドレーザーのLDVはともかくも、エキシマレーザーのアマリスは、その性能では、VISXを凌ぐものがあるといわれています。

このクリニックの手術メニューには、上記以外にもフェムトセカンドレーザーを使わない比較的安価なレーシックから、イントラレーシック、アイレーシックと銘打ったメニューもあります。

このクリニックのイントラレーシックは、メニューにもよりますが、他のクリニックのものより安くなっています。

規模の面では、年間の手術例数や累積の手術例数は、他を圧倒するものがあり一日に千人を越える手術をこなすことが出来、累積では50万例の手術実績があるといわれているクリニックです。
そういった面では、実績は充分あるところであるといえます。

SBC新宿近視クリニックの口コミと特徴

SBC新宿近視クリニックについて

SBC新宿近視クリニックは、新宿を本院として、他に大阪院、横浜院で視力矯正手術を手がけているところです。開院して三年程ですが、レーシック手術の症例数も多く、執刀医の中には五万症例を超える医師もいます。

SBC新宿近視クリニックのモットーは、不要な検査、治療はすすめない。手術料金にかかわらずその人に合った治療をする(あえて高額な手術をすすめない)。数値に現れる視力にこだわらないで、その人の生活環境で見えやすい治療を目指す。といったことです。

ドクターの宣言の中にも、カウンセリング等は無料で相談にのる、他の医院の手術の後の相談も快く引き受ける、患者自身の利益を最優先して事に当たる等が書かれています。

SBC新宿近視クリニックの手術メニュー

最初に、このクリニックでは各種オプション(日帰り等)の追加料金はないようです。

さて手術メニューですが、価格の安いものから紹介しますと、フラップと呼ばれる角膜の表面に蓋の役目をするものを作る時にマイクロケラトーム(フラップを作る時に使うカンナの役目をする手術用の器具)を使用するものでは、両眼で八万円からあります。

イントラレーシック(フラップを作る時にイントラレーザーを使用する、イントラレーザーは商品名)は、18.8万円から28万円まで何種類かあります。

もし、興味を持たれたのでしたら、このクリニックの無料適応検査または、無料メール相談を利用してみてはいかがでしょうか。

レーシックで感染症になるリスクは?

現状での感染症のリスク

「レーシック手術」は目を切開して内部を削り取り、目の形状を変形させる事でレンズとして正しい焦点を合わせられるよう矯正を行います。

このように話だけ聞いているとなにやら怖い感じもしますが、実際には最新の器材を用いて手術が行なわれますので、手術自体には大きなリスクが伴うものではありません。

ただ近年では「レーシック手術」に関する様々な話を聞く中で、失敗例や医療事故に関する噂を聞く事もあります。

とりわけ感染症により目が混濁するケースが発生しており、一抹の不安感を感じた方も少なくは無いといえます。

ではなぜ手術自体の安全性は高いのに、こうしたリスクが存在するのでしょうか。

実は感染症の場合は、そのほとんどが“ヒューマンエラー(人的ミス)”によるものだといわれています。

これは他の手術でも同じ事ですが、室内を清浄に保つと共に使用する手術器具も清潔な物を使用しなければならないのですが、管理体制が悪いクリニックではこの部分が甘くなる傾向があり、その結果として細菌が繁殖して感染症を引き起こす事になるのです。

ただこうした詰めの甘いクリニックはそうあるものではなくごく一部でしか存在しないため、通常の「レーシック手術」ではこうしたリスクを抱えている事はまず無いと言えます。

またクリニックの管理体制についてはホームページなどを見ると分かってきますので、クリニック選びの際にはサイト内の安全性に関わる説明文をよく読んで参照としましょう。

レーシックが受けられない場合

レーシックが受けられる条件

「レーシック手術」を行う際には、事前に手術を受けることができるか適応検査で確認をとることになります。

その適応検査の結果如何では「レーシック手術」を受けられない場合もあるのですが、どのような事柄がチェックされるのでしょうか。

まず手術を受けるには“18歳以上”という制限があります。というのも、それ以下の年齢の場合はまだ成長期にあたるため、角膜もまた年齢と共に大きくなる可能性があります。

そうした時期に手術を行うと、その後成長と共にまた視力に変化が生じる可能性もありますので、一定の年齢に達しないと手術を行う事は出来ないのです。

また目の形質により手術が受けられない場合もあります。これは人により顔の形状が異なるのと同様、目の角膜も状態が異なるためで、人により角膜に異常があったり角膜が極度に薄いケースなどがあります。

この場合も手術を行うと多くの危険が伴うため、手を加える事はできないという判断が下される事になります。

それ以外にも、目や身体に疾患がある場合も手術が断られます。

とくに「白内障、緑内障」の場合はそちらの方を優先して治療を行わなければならず、また「全身性血管炎、糖尿病」など身体の疾患がある場合も、手術には適さない身体と判断されてしまうのです。

もし事前にこうした事柄に引っ掛ると自覚をお持ちであれば、「レーシック手術」を受けられない場合もありますので、問題となる事柄を改善する事からおこないましょう。

銀座近視クリニックのレーシックの特徴

■銀座近視クリニックの特徴

銀座近視クリニックでは、眼科専門医師ももちろんのこと、適応検査からレーシック治療、アフターケアに至るまでを、それぞれの視力矯正のエキスパートが担っていることが特徴のひとつと言えるでしょう。

また、日本に数台しかない、最新の設備環境が整えられているので、レーシック手術の際の痛みや不安を軽減してくれるので、安心して手術を受けることができます。

さらに銀座近視クリニックでは、感染症対策も万全に行なわれています。

その対策とは、使用した器具は可能な限り使い捨てにしていること、手術室は、常に室温を20度、±2度の範囲で管理されていることなどです。レーザー機器が、デリケートな機器であるにより徹底した室温管理が行なわれているのです。

さらに当然のことではありますが、スタッフや出入業者の手消毒が徹底されているだけではなく、来院者が使用する手消毒剤も設置されています。

銀座近視クリニックのアフターサポート

銀座近視クリニックのアフターサポートは、一部を除いて「3年保障」となっています。

基本的にほとんどの場合、レーシック手術後の視力の戻りは、1年以内となっています。

そのため、3年以降は来院しない患者が多いことから、保障を3年と限定することによって、初回の手術費を抑えているのです。