銀座近視クリニックのレーシックの特徴

■銀座近視クリニックの特徴

銀座近視クリニックでは、眼科専門医師ももちろんのこと、適応検査からレーシック治療、アフターケアに至るまでを、それぞれの視力矯正のエキスパートが担っていることが特徴のひとつと言えるでしょう。

また、日本に数台しかない、最新の設備環境が整えられているので、レーシック手術の際の痛みや不安を軽減してくれるので、安心して手術を受けることができます。

さらに銀座近視クリニックでは、感染症対策も万全に行なわれています。

その対策とは、使用した器具は可能な限り使い捨てにしていること、手術室は、常に室温を20度、±2度の範囲で管理されていることなどです。レーザー機器が、デリケートな機器であるにより徹底した室温管理が行なわれているのです。

さらに当然のことではありますが、スタッフや出入業者の手消毒が徹底されているだけではなく、来院者が使用する手消毒剤も設置されています。

銀座近視クリニックのアフターサポート

銀座近視クリニックのアフターサポートは、一部を除いて「3年保障」となっています。

基本的にほとんどの場合、レーシック手術後の視力の戻りは、1年以内となっています。

そのため、3年以降は来院しない患者が多いことから、保障を3年と限定することによって、初回の手術費を抑えているのです。