乱視もレーシックで治るのか?

乱視とは

近視であるために目が見えにくいので、めがねやコンタクトレンズで矯正をしている人はたくさんいます。そういった近視の人には、レーシックはとても効果のある方法だといえるでしょう。

では、現在ではパソコンを使用する人もたくさんいるので、乱視の人も多いようです。そもそも乱視とは、どのような症状なのでしょうか。

乱視とは、軽い乱視であれば近視と同じようにピンとがあわないところがぼやけるといった症状でしょう。
しかし、重度の乱視となれば、近いところ遠いところといったことに関係なくピントが合わず、よく見える部分とぼやけて見える部分があるといったように、見え方にムラもあるのです。

乱視の原因は、角膜のゆがみにあるといわれています。視力が正常な人の角膜は、真円で均一で整った形をしています。

しかし、乱視の人の角膜は、楕円形でカーブが均一ではなくゆがみがあることによって、焦点が合いにくい状態になっているのです。

乱視は矯正が必要です

レーシックの手術を受けるということは、ほとんどの場合、低下した視力を回復するために受けるものです。そして、多くの人は近視を矯正するために用いられる方法だと、認識しているようです。
しかし、レーシックの効果があるのは、近視の矯正だけではないのです。

乱視とは、角膜の変形による屈折異常から起こるものであり、焦点が合わなくなる症状です。
症状が軽い乱視の場合は、本人もほとんど気づかない場合もありますが、症状がひどい人では、物が二重、三重といった多重に見えるなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。そして、症状がひどい人は、矯正が必要となってきます。

レーシックで乱視は治せるのか

結論から言うと、レーシックで乱視は治せます。

レーシックとは、レーザーにより角膜の屈折率を変えることにより、視力を矯正する治療法です。そのため、その原因は角膜の屈折異常によるものである乱視にも、効果があるのです。

また、乱視の人は近視でもある人も多いようですが、レーシックの手術は、左右の視力に変化をつけることにより、近視と乱視が混ざっていても効果があります。

レーシック手術の後遺症はあるのか?

レーシックの合併症は、どこの病院で手術しても一定確率で起こりえますが、これはたいていが一時的なもので、手術をした以上はある程度仕方のないことになります。

一番多いのは「ドライアイ」なのですが、手術で角膜の神経を一部断裂するわけですからそれによって涙の量が減るのは仕方がありません。この神経が繋がるまでの間、医師処方の目薬で目を潤うようにしておくことで、症状が長期化することも防げるでしょう。

しかし、「ドライアイ」に関しては、このような対処をしても稀に長期化する場合があります。重度の「ドライアイ」は常に目が乾き、眼球がゴロゴロいったり、痛みが発生しやすくとてもストレスを感じるものです。

また、目に潤いが不足することから更に別の疾患に繋がったりもします。それから、暗闇ではものが見えにくくなったり、明るいものの見え方がぼんやりするという症状も出たりしますが、こちらも大抵は一時的なもので時間の経過と共に収まります。

このようなレーシック手術後の後遺症は、そう数は多くありませんがいくつかはみられます。視力が回復しすぎて、眼精疲労から日常生活に支障をきたしてしまったというエピソードもありました。

病院・眼科の医師や、機械の状態、元々の目の状態などによっては、視力が回復するどころか悪化したり乱視を呼び起こしてしまったりします。

もしレーシック手術のあとに、それまでにはなかった視界不良などが発生しても大抵は1ヶ月ほどで視力が安定すると共になくなっていきます。

もちろんそうは言っても、楽観視しすぎず定期検診は受けたほうがよいと思います。事前にこのようなリスクは医師からも説明があるべきですし、患者のほうからも進んでよく聞くようにしましょう。

レーシック眼科のアフターサポート

レーシックはアフターサポートも重要

「レーシック眼科」で手術を受けると、その日のうちに帰宅する事ができ、翌日にはすっきりとした視界を実感する事ができますが、それで終わりというわけではなく多くのクリニックでアフターサポートを行っています。

まずアフターサポートとして最初に行われるのは、手術をした翌日の検診です。

この時点で痛みなど引いて視力が回復している方もいれば、目が充血していたり視力が不安定な方もおりますので、何か問題があればしっかりと相談しておきましょう。

また手術してからしばらくは“点眼薬、内服薬、保護用メガネ”などのケア用品を受け取りますので、薬などは検診の際に何度か受け取る事になります。

初回の検診を受けたあとは、次回の検診を受けるまでの期間は「レーシック眼科」によりまったく異なり、“3日、4日、1週間後検診”などいずれかを受けることになります。

それ以降のアフターサポートに関しては“1ヶ月、3ヶ月、6ヵ月後検診”などを設けていますので、折を見てクリニックに向かう事になります。

またレーシック眼科では保障制度が設けられており、何かトラブルがあればこの保障制度を利用する事になります。

近年では医療技術の発達によりリスクは最低限に抑えられることができますが、事前に保障内容についてはよく確認しておきましょう。

このようにアフターサポートと保障の双方がそろっているクリニックであれば、安心して手術を行えるといえますね。

レーシックで感染症になるリスクは?

現状での感染症のリスク

「レーシック手術」は目を切開して内部を削り取り、目の形状を変形させる事でレンズとして正しい焦点を合わせられるよう矯正を行います。

このように話だけ聞いているとなにやら怖い感じもしますが、実際には最新の器材を用いて手術が行なわれますので、手術自体には大きなリスクが伴うものではありません。

ただ近年では「レーシック手術」に関する様々な話を聞く中で、失敗例や医療事故に関する噂を聞く事もあります。

とりわけ感染症により目が混濁するケースが発生しており、一抹の不安感を感じた方も少なくは無いといえます。

ではなぜ手術自体の安全性は高いのに、こうしたリスクが存在するのでしょうか。

実は感染症の場合は、そのほとんどが“ヒューマンエラー(人的ミス)”によるものだといわれています。

これは他の手術でも同じ事ですが、室内を清浄に保つと共に使用する手術器具も清潔な物を使用しなければならないのですが、管理体制が悪いクリニックではこの部分が甘くなる傾向があり、その結果として細菌が繁殖して感染症を引き起こす事になるのです。

ただこうした詰めの甘いクリニックはそうあるものではなくごく一部でしか存在しないため、通常の「レーシック手術」ではこうしたリスクを抱えている事はまず無いと言えます。

またクリニックの管理体制についてはホームページなどを見ると分かってきますので、クリニック選びの際にはサイト内の安全性に関わる説明文をよく読んで参照としましょう。

レーシックが受けられない場合

レーシックが受けられる条件

「レーシック手術」を行う際には、事前に手術を受けることができるか適応検査で確認をとることになります。

その適応検査の結果如何では「レーシック手術」を受けられない場合もあるのですが、どのような事柄がチェックされるのでしょうか。

まず手術を受けるには“18歳以上”という制限があります。というのも、それ以下の年齢の場合はまだ成長期にあたるため、角膜もまた年齢と共に大きくなる可能性があります。

そうした時期に手術を行うと、その後成長と共にまた視力に変化が生じる可能性もありますので、一定の年齢に達しないと手術を行う事は出来ないのです。

また目の形質により手術が受けられない場合もあります。これは人により顔の形状が異なるのと同様、目の角膜も状態が異なるためで、人により角膜に異常があったり角膜が極度に薄いケースなどがあります。

この場合も手術を行うと多くの危険が伴うため、手を加える事はできないという判断が下される事になります。

それ以外にも、目や身体に疾患がある場合も手術が断られます。

とくに「白内障、緑内障」の場合はそちらの方を優先して治療を行わなければならず、また「全身性血管炎、糖尿病」など身体の疾患がある場合も、手術には適さない身体と判断されてしまうのです。

もし事前にこうした事柄に引っ掛ると自覚をお持ちであれば、「レーシック手術」を受けられない場合もありますので、問題となる事柄を改善する事からおこないましょう。