レーシック眼科のアフターサポート

レーシックはアフターサポートも重要

「レーシック眼科」で手術を受けると、その日のうちに帰宅する事ができ、翌日にはすっきりとした視界を実感する事ができますが、それで終わりというわけではなく多くのクリニックでアフターサポートを行っています。

まずアフターサポートとして最初に行われるのは、手術をした翌日の検診です。

この時点で痛みなど引いて視力が回復している方もいれば、目が充血していたり視力が不安定な方もおりますので、何か問題があればしっかりと相談しておきましょう。

また手術してからしばらくは“点眼薬、内服薬、保護用メガネ”などのケア用品を受け取りますので、薬などは検診の際に何度か受け取る事になります。

初回の検診を受けたあとは、次回の検診を受けるまでの期間は「レーシック眼科」によりまったく異なり、“3日、4日、1週間後検診”などいずれかを受けることになります。

それ以降のアフターサポートに関しては“1ヶ月、3ヶ月、6ヵ月後検診”などを設けていますので、折を見てクリニックに向かう事になります。

またレーシック眼科では保障制度が設けられており、何かトラブルがあればこの保障制度を利用する事になります。

近年では医療技術の発達によりリスクは最低限に抑えられることができますが、事前に保障内容についてはよく確認しておきましょう。

このようにアフターサポートと保障の双方がそろっているクリニックであれば、安心して手術を行えるといえますね。