レーシックが受けられない場合

レーシックが受けられる条件

「レーシック手術」を行う際には、事前に手術を受けることができるか適応検査で確認をとることになります。

その適応検査の結果如何では「レーシック手術」を受けられない場合もあるのですが、どのような事柄がチェックされるのでしょうか。

まず手術を受けるには“18歳以上”という制限があります。というのも、それ以下の年齢の場合はまだ成長期にあたるため、角膜もまた年齢と共に大きくなる可能性があります。

そうした時期に手術を行うと、その後成長と共にまた視力に変化が生じる可能性もありますので、一定の年齢に達しないと手術を行う事は出来ないのです。

また目の形質により手術が受けられない場合もあります。これは人により顔の形状が異なるのと同様、目の角膜も状態が異なるためで、人により角膜に異常があったり角膜が極度に薄いケースなどがあります。

この場合も手術を行うと多くの危険が伴うため、手を加える事はできないという判断が下される事になります。

それ以外にも、目や身体に疾患がある場合も手術が断られます。

とくに「白内障、緑内障」の場合はそちらの方を優先して治療を行わなければならず、また「全身性血管炎、糖尿病」など身体の疾患がある場合も、手術には適さない身体と判断されてしまうのです。

もし事前にこうした事柄に引っ掛ると自覚をお持ちであれば、「レーシック手術」を受けられない場合もありますので、問題となる事柄を改善する事からおこないましょう。