乱視もレーシックで治るのか?

乱視とは

近視であるために目が見えにくいので、めがねやコンタクトレンズで矯正をしている人はたくさんいます。そういった近視の人には、レーシックはとても効果のある方法だといえるでしょう。

では、現在ではパソコンを使用する人もたくさんいるので、乱視の人も多いようです。そもそも乱視とは、どのような症状なのでしょうか。

乱視とは、軽い乱視であれば近視と同じようにピンとがあわないところがぼやけるといった症状でしょう。
しかし、重度の乱視となれば、近いところ遠いところといったことに関係なくピントが合わず、よく見える部分とぼやけて見える部分があるといったように、見え方にムラもあるのです。

乱視の原因は、角膜のゆがみにあるといわれています。視力が正常な人の角膜は、真円で均一で整った形をしています。

しかし、乱視の人の角膜は、楕円形でカーブが均一ではなくゆがみがあることによって、焦点が合いにくい状態になっているのです。

乱視は矯正が必要です

レーシックの手術を受けるということは、ほとんどの場合、低下した視力を回復するために受けるものです。そして、多くの人は近視を矯正するために用いられる方法だと、認識しているようです。
しかし、レーシックの効果があるのは、近視の矯正だけではないのです。

乱視とは、角膜の変形による屈折異常から起こるものであり、焦点が合わなくなる症状です。
症状が軽い乱視の場合は、本人もほとんど気づかない場合もありますが、症状がひどい人では、物が二重、三重といった多重に見えるなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。そして、症状がひどい人は、矯正が必要となってきます。

レーシックで乱視は治せるのか

結論から言うと、レーシックで乱視は治せます。

レーシックとは、レーザーにより角膜の屈折率を変えることにより、視力を矯正する治療法です。そのため、その原因は角膜の屈折異常によるものである乱視にも、効果があるのです。

また、乱視の人は近視でもある人も多いようですが、レーシックの手術は、左右の視力に変化をつけることにより、近視と乱視が混ざっていても効果があります。