レーシックカメラ(老眼治療)について

レーシックカメラとは

レーシックカメラとは、老眼治療の一つです。まずレーザーによって角膜に対してフラップと言われる円形状のふたを作成。

そしてフラップの中にカメラインレーという、コンタクトレンズよりも小さい黒いリングのような形をしているものを、挿入する事によって、視力を回復することが出来るという老眼治療です。

レーシックカメラに使うカメラインレーとは、非常に小さく数ミクロンというサイズものです。そのため、目に入れてもほとんど違和感を感じることはないようです。さらに、痛みを感じることもほとんどありません。

また、レーシックカメラの治療をする前には、点眼薬による麻酔をかけられるので、治療中は痛みを感じる事はなく、安心して治療に受けることができます。

また、希望すればレーシックカメラとレーシックを同時に受けることも出来ます。さらに、レーシックを受けた後に、老眼治療を行なうためにカメラインレーだけを挿入するということも可能なようです。

さらに白内障の人でもレーシックカメラの治療を受けられる場合もあるようです。