エピレーシックと普通のレーシックとの違い

エピレーシックとは

レーシックにもいろいろな種類がありますが、エピレーシックとはどのようなものなのでしょうか。

エピレーシックとは、普通のレーシックと同じように、マキシマレーザーを使って角膜に照射することによって、屈折率をかえるという矯正手術のひとつです。

しかし、エピレーシックの特徴は、近視や乱視の度合に対して、角膜が薄いなどの理由により、これまでレーシックの手術を受けることができなかった人も受けることができるレーシックということです。

エピレーシックは、エピケラトームと呼ばれる機器によって、通常のレーシックよりもさらに薄いフラップを、角膜上皮という部分に作成します。そうすることで角膜の上皮細胞は、新陳代謝により新しく生まれ変わります。

エピレーシックでは、作られたフラップ自体は最終的には消失してしまうので、通常のレーシックのような激しい衝撃等でおこるフラップのずれの心配がないのです。

そのため、通常のレーシックは、格闘技などの過激な運動をする人には向いていませんでした。それに対して、エピレーシックであれば、フラップがずれる心配がないレーシックとして受けいれられているようです。

エピレーシックのデメリット

エピレーシックは、従来のレーシックよりも利点がありますが、デメリットがないわけではありません。

まず、手術後数日間は、沁みるような痛みがあったり異物感があるようです。また、通常のレーシックに比べて、角膜が混濁する可能性が高いということもデメリットでしょう。

さらに、通常のレーシックと同じように、ハローやグレアというみにくくなる症状や、コントラストが低下するという可能性もあります。

手術を受ける時の注意

エピレーシックを受ける時には、注意しておく必要があることがあります。それは、視力の回復は、個人差がありますが、まず通常のレーシックより長くかかるということがあげられます。

またフラップが薄いために、手術後1週間程度は、保護用のコンタクトレンズを使用しなければいけないことがあります。

そして、通常のレーシックと同じく、飲酒や喫煙は手術後3日間は控えなければいけないこと、さらに、これまでどおり仕事をするには4日~1週間後かかるということもあります。

その上、読書やパソコンの使用といった、眼を疲労させることは4日~1週間は控えなければいけないことなどもあるのです。