イントラレーシックと普通のレーシックの違い

■イントラレーシックとは

レーシックには、大きく分けて二種類があります。それは、レーシックとイントラレーシックの2種類です。普通のレーシックとイントラレーシックの違いとは、フラップという角膜のふたを作る時に使われる機械に差があります。

普通のレーシックで使われるものは、マイクロケラトームという金属のカンナのような医療器具が使われます。そして、イントラレーシックでは、レーザーによってフラップが作られるのです。

■イントラレーシックのメリット

イントラレーシックは、レーザーを使っているので、フラップを薄く作ることができるというメリットがあります。通常のレーシックでは、フラップが約160μmですが、イントラレーシックでは約110μmという、約50μmも薄くつくることができるのです。

そのため、イントラレーシックでは、角膜を多く残すことができるので、手術を受けられる人が多くなります。さらに、角膜を削って残った部分が330μm以上残っていると、近視の戻りが起きにくいといったメリットもあります。

さらにそれだけではなく、レーザーで制御を行うため、これまで対応できなかった乱視や歪みにも対応できるというメリットもあります。

また、マイクロケラトームを使用するレーシックよりも、フラップがより滑らかで綺麗に作ることができるので、ハロやグレアといった合併症や、ドライアイの発生率も抑えることができるのです。

そして、イントラレーシックでは、通常のレーシックよりも、人為的なことが少ないので、手術する医師による差がないということもメリットでしょう。

■イントラレーシックのデメリット

現在では、イントラレーシックが主流になっているのですが、デメリットがないわけではありません。レーザーを使うために、炎症が起きる確率が多少おきやすいということ、また、フラップの癒着までに時間がややかかるといったデメリットもあります。

しかし、何事にもメリットとデメリットがあります。イントラレーシックの場合では、角膜が薄いために、通常のレーシックの手術を受けることができない人でも手術を受けることができるといった、適応範囲が広いことなどから、イントラレーシックが主流になっているようです。